HOME講座紹介グラフィックデザイン実践講座
グラフィックデザイン実践講座

グラフィックデザイン実践講座講師:サノワタル、町田宗弘

ご自身でAdobe IllustratorとAdobe photoshopを使用して制作ができる方、または「デザイン基礎講座」の受講修了者が対象の講座です。
グラフィックデザインは全てのデザインの基本です。この講座では、文字・画像・レイアウトなど「グラフィックデザイン」に絶対不可欠な要素を中心に講座を進めます。最終的には、実際にクライアントになる方にお越し頂き、打ち合わせ・制作・プレゼンを行うという、実際のグラフィックデザイナーと同じ事を学びそして、実践する講座です。
▶︎ 講師インタビューを見る

受講料 50,000円(税込)/全8回
時間 [前半]15:00〜17:00 [後半]17:30〜19:30
※1日4時間、休憩あり。2部構成で授業を進行します
定員 20名
開講日 11月13日(日)、27日(日)、12月11日(日)、18日(日)
対象 Adobe IllustratorとAdobe photoshopの基本操作が出来る方
持ち物 ノートPC(IllustratorとPhotoshopがインストール済みのもの)、筆記用具

カリキュラム

▶11月13日(日)

第1回「グラフィックデザインの仕事とは?」
講師二人によるお話。そして皆さんとの「グラフィックデザインについて」のディスカッション。
第2回「文字についての話。画像についてのお話」
文字の種類、日本語、英語の違い。行間について。文字組について。
画像のトリミング、補正についてなど。(講師の制作した案件を元に講座を進めます)

▶11月27日(日)

第3回「レイアウトについてのお話。企画についてのお話」
前回学んだ「文字」と「画像」を実際にレイアウトしていきます。講師の制作した案件を元に講座を進めていきます。
また、ただ制作するだけではない、企画の立て方などのテクニックもご紹介。
第4回「撮影ディレクション、イラストディレクション」
グラフィックデザインを行う際に、カメラマンやイラストレーターとのやり取りは避けて通れません。
グラフィックデザイナーとしての関わり方、そしてディレクションの仕方などのお話をします。

▶12月11日(日)

第5回「グラフィックデザインの領域」
どういう種類の仕事があるのか?様々なグラフィックデザインのお仕事を紹介します。
また、デザインの仕事をする上でも重要なプロセスである「企画書」についてのお話もします。
第6回「クライアントとの打ち合わせ」
クライアントになる方にお越し頂き、皆様とクライアントで打ち合わせを行います。
打ち合わせには講師も同席し、その場でポイント、テクニックも紹介します。

▶12月18日(日)

第7回「制作時間」
制作の相談、そして作り方が分からない部分などの個人のサポートを行います。
第8回「クライアントプレゼン」
実際にクライアントの方にもお越し頂き、それぞれの制作物をプレゼンして頂きます。

講師紹介

サノワタル

サノワタル Sano Wataru

グラフィックデザイン・ウェブデザインなどを中心に様々な領域のデザインや企画を手掛ける。2006年から「地域」「デザイン」「コミュニティー」をコンセプトにしたデザイン活動を展開。 Producer / Graphic designer / iroiro オーナー 京都精華大学非常勤講師 / 立命館大学非常勤講師歴任 (公)日本グラフィックデザイナー協会 会員

http://sanowataru.com

町田宗弘

町田宗弘 Machida Munehiro

アートディレクション・グラフィックデザイン・ウェブデザインを中心に2005年からNSSGRAPHICA名義で活動。2014年よりNSSG Inc.代表。音楽・ファッション・ブランディングを主な活動フィールドとする。 ArtDirector / Graphic Designer / 日本グラフィックデザイナー協会 会員

http://www.nssg.jp

前回の受講者からの感想

それぞれの先生の経験に基づく考えを知ることができ、勉強になりました。

現場で活躍されている方々に教えていただくことで、より実践的な知識が身に付いているように思う。

色んなデザイナーさんと一緒に学ぶことができるのも刺激的で良い時間になっています。

実際に手を動かしてデザインの深さや難しさを実感できて良かったです。

実践できるテクニックはもちろん、センス、考え方など一流の方の仕事を覗くことができ、自分のことも俯瞰でき、毎回良いショックを受けることができました。

PRIVACY POLICY

CONTACT