ラブグラの成分はシルデナフィルといい、血管を拡げ血流を活性化する作用を持ちます。「男性用」のバイアグラでよく知られた成分です。

ラブグラの成分

医薬品を使用することで病気や症状が治まるのは、医薬品それぞれが含有する有効成分のはたらきによるものです。

ラブグラの場合はシルデナフィルを有効成分として含んでおり、この成分のはたらきによって女性の不感症を治療します。

シルデナフィルには血管を拡張するはたらきがあり、これによって全身の血の巡りが活性化します。その結果、血液をもとにして生成される膣内の分泌液が増量し、膣内を潤します。これによって感度が上がりやすくなるほか、分泌液が潤滑液の役目を果たすことで挿入時の性交痛を和らげます。

また、クリトリスに流れる血液量が増し、敏感になることも不感症治療につながります。

「男性用」のバイアグラで一躍有名に

シルデナフィルはもともと、血管拡張作用によって狭心症を治療するための成分として開発が始まったという経緯があります。

しかし、その研究開発の過程において、男性のEDに効果的であることが発覚。以降、ED治療薬の成分としての開発が進みました。

そして1998年、アメリカの大手製薬会社・ファイザー社により、このシルデナフィルを有効成分として含有するバイアグラが、世界初のED治療薬として誕生しました。これをきっかけに、ED患者を中心にシルデナフィルの名前、そして効果が知れ渡ることになります。

ラブグラやその新薬であるウーメラも、シルデナフィルを有効成分として含有することから、瞬く間にその知名度が上昇。発売当初から現在に至るまで、女性の不感症治療に有効な医薬品として多くの人に愛用されています。

男性、女性とも使っても問題ない

シルデナフィルの名前が世界的に知れ渡ったのは、ファイザー社によってED治療薬・バイアグラが開発されたためです。

EDは男性特有の症状なので、当然ED治療薬であるバイアグラも男性向けの医薬品として開発されました。そのため、バイアグラのみならず、その有効成分であるシルデナフィルについても男性向けのものという認識を持っている方がいるのではないでしょうか。

しかし、シルデナフィルは男性器に直接的な影響を及ぼすことでEDを治療するわけではありません。メインの効果は血管の拡張であり、これによって正常な勃起をサポートします。

女性が服用した場合も同様に、全身の血管を拡張することで膣内に潤いをもたらし、その結果として不感症を治療します。

男女関係なく効果をもたらす成分なので、その点は心配無用です。

シルデナフィルは媚薬の成分?

バイアグラは世界初のED治療薬として注目を集めただけではなく、その有効性や安全性も高く評価されています。

「性的刺激を得ても勃起しない」「勃起するまでに時間がかかる」「行為中に勃起した状態を維持することができない」といった症状に効果的であり、正常な勃起をサポートします。

しかし、勘違いしてはいけないのは、「ED治療薬は強制的に勃起させる医薬品ではない」ということです。

あくまでも勃起できる状態をつくるのが最大の役目なので、服用したからといって何もなく勃起するわけではありません。

たとえED治療薬として高く評価されているバイアグラでも、勃起するためには服用後に性的刺激を得る必要があります。

また、同じようによく勘違いされるのが、「ED治療薬は媚薬と同じ」という点です。

これは完全に誤認であり、ED治療薬に性欲増進効果はいっさいありません。服用したからといって途端に性欲が増す、異性に性的魅力を感じるといったことは起こらないので、その点を留意しておくようにしましょう。

そして、これはバイアグラと同様に、シルデナフィルを有効成分として含有するラブグラにも同じことが言えます。

ラブグラを服用したからといって、常時感じるようになったり媚薬を服用したときのように興奮したりすることはありません。もしも長らく誤認していた方がいれば、これを機に認識を改めましょう。