ラブグラは「女性用バイアグラ」として知られており、購入方法は海外医薬品の通販のみです。

ラブグラの入手方法は通販だけ

処方箋医薬品に分類されている医薬品は、医師が出す処方箋がなければ入手できません。つまり、医療機関へ行き、診察や治療を受けたうえで処方してもらう必要があります。

医療機関で処方してもらえる医薬品は、専門家である医師が症状に適したものなので、安心して使用できるのが大きなメリットです。

しかし、医療機関だからといってすべての医薬品を取り扱っているわけではありません。

残念なことに女性用バイアグラであるラブグラもそのひとつであり、医師に不感症の相談をしたとしても、その治療薬として処方してもらうことはできません。

とはいえ、国内でラブグラを入手する方法がないわけではありません。現在は「個人輸入代行サイト」という医薬品専門の通販サイトを使い、誰でも簡単にネット注文することが可能です。

なぜ通販でなければ購入出来ない?

医薬品は主に、薬局やドラッグストアで購入できる「一般用医薬品」と医療機関で処方してもらえる「処方箋医薬品」の2種類に大別できます。

前者は個人でも購入できますが、後者は医師が出す処方箋がなければ購入できません。

ラブグラは後者に該当するので、処方箋を持たない状態での購入は不可です。

しかし、だからといって医療機関で処方してもらえるかというと、実はそうでもありません。

医療機関で取り扱っている医薬品はいずれも、日本で認可が降りているものです。逆にいえば、日本で認可されていない医薬品は、たとえ医療機関であっても取り扱うことができません。

ラブグラは残念ながら日本で認可されていない医薬品なので、個人輸入代行サイトを使って海外から取り寄せる必要があります。

有名な通販サイトでも買える?

このご時世、おそらく通販サイトを知らない方はいないと思います。

専用サイトにアクセスし、そこに紹介されている商品のラインナップから欲しい物を選択。そして注文するために必要な情報を入力したうえで、注文を確定させれば完了です。後日、注文先に指定した住所に商品が届きます。

通販サイトで販売されている商品の種類は幅広く、日用品や嗜好品、家具、衣類などあらゆる物を注文することができます。注文した商品が2~3日、早ければ翌日に届くというスピーディな対応もありがたいポイントです。

しかし、購入するために処方箋や薬剤師からの説明が必要な医薬品は、豊富なラインナップを誇る通販サイトといえども販売することができません。

そのため、Amazonをはじめとする超有名通販サイトでも医薬品は購入できず、その点を留意しておく必要があります。

個人輸入代行サービス

医薬品を購入する方法のひとつとして、個人輸入代行サイトの利用が挙げられます。

一般的な通販サイトと同じ感覚で医薬品をネット注文することができるので、医療機関に足を運ぶ必要がありません。

仕事の都合で診療時間内に通院するのが難しい方、何回も通院するのを面倒に感じている方、診察費や治療費にあまりお金をかけたくない方など、多くの方にとってメリットがある購入方法といえます。

また、日本で認可されていない医薬品を購入できる点も魅力のひとつです。

個人輸入代行サイトで販売されている医薬品はすべて海外製。そのため、海外で流通しているものであれば、そのほとんどが販売されています。

なかには日本で処方箋医薬品として知られている医薬品もありますが、その点も問題ありません。

日本製の処方箋医薬品ならもちろん処方箋なしに購入することは違法行為にあたりますが、海外製の医薬品なら話は別です。その医薬品が処方箋医薬品か否かは、あくまでも日本の薬事法によって定められた日本国内のルール。海外製の医薬品には適用されないので、処方箋がなくても購入することが可能です。

海外から医薬品を輸入することについても、「海外で治療を受けていた日本人患者が、帰国後も同じ医薬品で治療を続けられるように」ということから薬事法で合法的に認められています。

決して違法性のある購入方法ではないので安心してください。

ラブグラ通販の注意点

日本の医療機関では処方してもらえないラブグラですが、海外製医薬品のみを取り扱う専門的な通販サイト・個人輸入代行サイトを利用すれば、簡単に注文・購入することができます。

医薬品専門の通販サイトということで、詳しく知らない方からすると扱いが難しいものに思えるかもしれませんが、実際はまったくそんなことはありません。

日常的に利用している一般的な通販サイトと同じ感覚で医薬品を注文できるので、ふだんからネットショッピングをしている方はもちろん、そうでない方も苦戦することなく利用できるのではないかと思います。

しかし、一見すると便利なサイトに思える個人輸入代行サイトですが、利用時に注意すべき点もいくつかあります。余計なトラブルを招かないために、このことをしっかり頭に入れておきましょう。

到着に時間がかかる

日常的に通販サイトを利用している方ならよくご存知だと思いますが、通販サイトで注文した商品は早ければ翌日、遅くても3日以内に届きます。

このスピーディな対応も通販サイトが重宝されている理由のひとつですが、これはあくまでも日本国内から商品を取り寄せる場合に限ります。

個人輸入代行サイトで販売している医薬品はすべて、海外から取り寄せる必要があります。そのうえ、輸入するための手続きも済まさなければいけません。

その分、一般的な通販サイトに比べると、どうしても商品到着までの日数がかかってしまうというデメリットがあります。商品が手元に届くまで2週間近くかかることもあるので、緊急を要する場合には不向きといえるでしょう。

使用する本人でなければ買うことが出来ない

日本の薬事法では、海外から医薬品を個人的に輸入することを合法的に認めています。

そのため、個人輸入代行サイトの存在およびそれを利用することに違法性はありません。

しかし、薬事法によって個人輸入が合法的に認められているのは、あくまでも個人が利用する目的である場合に限定されます。

つまり、注文した本人がその医薬品を利用する場合は合法ですが、第三者に譲渡もしくは転売すると違法になります。

人に個人輸入代行サイトの存在を教えたり勧めたりすることは問題ありませんが、その人の代わりに購入しないようにしましょう。

基本的に返品などは出来ない

店舗で何かしらの商品を購入したとき、その商品に不備があることが発覚した場合は、店員に事情を説明したうえで返品することが可能です。

しかし、個人輸入代行サイトを使ってネット購入した医薬品は返品できないので、その点に注意する必要があります。

仮に自分の症状に適さない医薬品、いまいち効果を実感できない医薬品を誤って注文・購入してしまったとしても、それは自己責任です。返品や返金の請求はできないので、自分の症状や購入すべき医薬品についてしっかり調べたうえで、適切なものを注文するようにしましょう。