ラブグラには副作用があります。男性と同じような症状が現れ、間違った使い方をすると危険です。

ラブグラには副作用がある

すべての医薬品はそれぞれ特定の病気や症状を治療する目的で開発されており、本来なら人体にプラスの影響を及ぼすものです。

しかし、有効成分の効果が強く現れることで、開発当初の目的とは異なる症状、いわゆる副作用を招くことがあります。

なかには嬉しい誤算といえるような症状が現れることもありますが、ほとんどは人体に悪影響を及ぼす症状ばかりです。そのため、医薬品の使用によって万が一副作用が現れたとしてもすぐ適切に対処できるように、どのような副作用が報告されているのかを知っておくことをおすすめします。

ラブグラはバイアグラと同じシルデナフィルを有効成分としているため、使用することでバイアグラに似た副作用が現れる可能性があります。

どのような副作用が起きるのか

副作用は、どれだけ正しく医薬品を使用しても現れる可能性があります。

ラブグラにも副作用がいくつか確認されているので、不感症治療のためにラブグラを服用しようと考えている方は、どのような症状が現れる可能性があるのかを知っておくことをおすすめします。

ここでは、特に報告数が多い「顔のほてり」「鼻づまり」「血圧の低下」「頭痛」について紹介したいと思います。

いずれも、ラブグラの効果が切れると同時に徐々に治まるような軽度な症状であることがほとんどですが、重症化した場合や症状が長引いている場合は、すみやかに医師に相談することをおすすめします。

顔の紅潮・ほてり

ラブグラの主成分であるシルデナフィルには、血管拡張作用があります。

この作用によって全身の血流が活性化することで女性器に流れる血液が増量し、感度を向上させます。

一方、血の巡りが良くなることで弊害が生まれることもあります。そのひとつが「顔の紅潮・ほてり」です。

特に色白の方は顔の紅潮が目立ちやすいので、エッチをする際に恥ずかしいと感じるようであれば、部屋の灯りを暗めにすることをおすすめします。

シルデナフィルによる血管拡張作用がおさまれば、顔の紅潮も自然に引いていくので、翌日に支障をきたす心配はありません。

鼻づまり

ラブグラを服用することによる副作用のひとつとして、鼻づまりが挙げられます。

鼻づまりは風邪やアレルギー性鼻炎の症状としてよく知られている症状であり、鼻粘膜が血管の拡張によって腫れることで起こります。

そのため、ラブグラの主成分であるシルデナフィルの血管拡張作用によって鼻粘膜の血管が広がってしまうと、副作用として鼻づまりが現れる可能性があります。

ラブグラの効果、つまりシルデナフィルによる血管拡張作用がおさまり、血管が通常時の状態に戻れば、鼻づまりも自然に解消していくことがほとんどです。

低血圧

有効成分・シルデナフィルのはたらきによって静脈や細動脈が拡張すると、血管内に保持できる血液の量が増します。しかしその一方で、動脈に押し出される血液の量が減少し、結果として低血圧を招くことがあります。

低血圧はめまいやふらつき、倦怠感の原因になる可能性があり、また過剰な域に達すると全身に供給される血液量が減少してしまうおそれもあります。

とはいえ、ラブグラの服用による低血圧は、シルデナフィルの効果がおさまれば自然に通常の状態に戻ることがほとんど。深く心配する必要はないでしょう。

頭痛

ラブグラを服用することで、頭痛を引き起こすことがあります。

これはシルデナフィルの効果によって脳内の血管が拡張し、脳神経を圧迫するためです。

痛みを生じる副作用なので煩わしく感じるかもしれませんが、その痛みは軽度であることがほとんど。また、シルデナフィルの効果がおさまるにつれて痛みも引いていくので、そう警戒する必要はありません。

ただ、どうしても痛みが気になる場合は、ロキソニンのような鎮痛剤を併用することで症状を緩和することができます。

重度の副作用

顔のほてりや鼻づまり、頭痛など、ラブグラの副作用として確認されている症状はさまざまですが、これらはいずれも軽度な症状であることがほとんどです。日常生活に支障をきたすレベルではなく、むしろ「シルデナフィルがしっかり効いている」と前向きに捉えることができます。

しかし、ラブグラの服用によって生じる可能性がある副作用には、このほかに重度なものもあります。たとえば激しい動悸や視覚異常などが挙げられます。

こうした重度の副作用が現れた場合はすぐさまラブグラの服用を中止し、医師の診察を受けるようにしましょう。

また、先に紹介した軽度の副作用であっても、重症化したりいつまでも症状が長引いたりしている場合は、医師に相談することをおすすめします。

なぜこうした症状が現れる?

ラブグラは女性の不感症治療に効果的である反面、服用することで副作用を招くリスクもあります。

ラブグラの副作用として顔のほてりや鼻づまりなどが挙げられますが、いずれもシルデナフィルが持つ血管拡張作用によって生じるものです。

血管がふだんよりも拡張する、つまり血液の流れが活性化することにより、膣内で生成される分泌液が増えます。その結果、膣内の潤いが増して感じやすくなります。

このようにシルデナフィルの血管拡張作用は不感症治療に必要不可欠ですが、その一方で副作用を引き起こす原因でもあります。

このことを十分に理解し、副作用とうまく付き合いながら服用することが大切です。