ラブグラは「女性用バイアグラ」と呼ばれる薬です。海外製のジェネリックとなり、不感症に効果を発揮します。

ラブグラはどんな効果がある?

エッチをすることで自分が気持ちよくなれることはもちろん、愛しい彼との関係性をより深めることができます。

しかし、不感症に陥ってしまうとエッチをしていても十分な快感が得られず、恋人とのステキなひとときが台無しになってしまう可能性があります。

そんな女性の不感症に効果的なのが「ラブグラ」です。

ラブグラは、女性用バイアグラといわれているウーメラのジェネリック医薬品であり、主に女性の不感症治療に用いられます。

世界初のED(勃起不全)治療薬・バイアグラと同じく、シルデナフィルを有効成分として含有します。

膣内やクリトリスの感度を高めるほか、膣内に潤いをもたらすことから性交痛を緩和する効果も期待できます。

不感症や性交痛により、エッチをしても十分な快感、満足感が得られない方におすすめです。

不感症で悩むのはこれでおしまい

男性のなかにはEDや早漏といった性の悩みを抱える人がいますが、それと同じように女性のなかにも性の悩みを抱える人はいます。

女性の性の悩みはいくつかありますが、そのひとつとして不感症が挙げられます。

不感症とは、性欲はあるにもかかわらず、いざエッチをしても快感を得られない状態、あるいは得られる快感が極めて少ない状態をいいます。

このままの状態で放置しているといつまで経っても自分が気持ちよくなれないほか、パートナーに愛想をつかされてしまう可能性もあります。

しかしラブグラを使えば、そんな不感症を改善することが可能です。

しっかり快感を得ることができれば自分やパートナーの満足感が高まり、それによって互いの関係性を深めることにもつながります。

生活の質を高めるため、そして恋人と過ごす時間をより有意義なものにするためにピッタリな医薬品といえます。

女性用とはいうけど使っても問題なし?

ご存知の方も多いのではないかと思いますが、バイアグラは男性のEDを治療するための医薬品です。当然、男性向けの医薬品として開発されています。

ラブグラはそんなバイアグラと同じく、シルデナフィルを有効成分として含有する医薬品です。“女性用バイアグラ”とはいわれているものの、果たして本当に女性が服用しても問題ないのでしょうか。

結論からいえば、女性がラブグラを服用することに問題はありません。

バイアグラは直接的に勃起を促すのではなく、血行を促すことで正常な勃起をサポートする医薬品です。

これと同じように、ラブグラもシルデナフィルが持つ血管拡張作用によって血流を改善することで、膣内やクリトリスといった女性器の感度を高めます。

服用することでラブグラの副作用が現れる可能性はありますが、大きな害はないので安心してください。

ラブグラの特徴

ラブグラは、ピンク色のひし形をした錠剤です。“女性用バイアグラ”と呼ばれるにふさわしい、可愛らしいフォルムをしているという外見的特徴があります。

しかし、その見た目だけではなく、服用するうえで知っておくべき特徴もいくつかあります。

どれくらいで効果が出てくる?

すべての医薬品は、それぞれ特定の病気や症状を治療するのに必要不可欠なものです。

しかし、その効果が現れ始めるまでの時間は医薬品によってさまざま。使用してから10分足らずで効果を実感できる即効性抜群のものもあれば、何ヶ月単位で辛抱強く使用し続けることでやっと効果が現れ始めるものもあります。

では、ラブグラは服用してからどの程度で効果を発揮するのでしょうか。

医薬品の効果が発現するまでの時間には個人差がありますが、一般的にラブグラは服用してから約30分で効果を発揮するとされています。

そのため、エッチをする1時間ほど前に服用しておけば、行為中に効果が及び、問題なく快感を得ることができるでしょう。

効果が続く時間

ラブグラは女性の不感症を治療するのに効果的な医薬品ですが、一回の服用でその効果を永続的に発揮するわけではありません。

個人差によって多少前後するものの、効果の持続時間はおおむね決まっているので、このことを知ったうえで計画的に使用することが大切です。行為中に効果が切れてしまえば再び快感を得られにくくなり、せっかくのひとときが台無しになってしまう可能性があります。

では、実際にラブグラの効果はどの程度続くのか。

一般的には約4~6時間、効果が続くとされています。この時間内であれば、どのタイミングでも性的刺激によって快感を得ることができます。

このことを念頭に置いたうえで服用し、パートナーとのステキなひとときをお楽しみください。

食事の影響を受けやすい

経口薬を用いるうえで注意しなければいけない点のひとつとして、「食事の影響を受けやすいか否か」が挙げられます。

食事の影響を受けにくい経口薬ならどのタイミングで服用しても問題なく効果を発揮しますが、食事の影響を受けやすい経口薬だとそうはいきません。胃や腸に残っている食物に有効成分の吸収が阻害され、最大限の効果を発揮できない可能性があります。

ラブグラは食事の影響を受けやすい医薬品なので、食事の直前あるいは直後に服用することはおすすめしません。効果を最大限に発揮させるためには、空腹時に服用するのがベストです。

ただし、1日デートの最後の締めとしてエッチをする場合のように、どうしても食事を挟むケースもあるでしょう。その場合は、食事をしてから2~3時間ほど間隔を空けたうえで服用することをおすすめします。

不感症への効果について

ラブグラの有効成分であるシルデナフィルには血管拡張作用があり、これによって不感症を治療します。

血管が広がることによって血液の流れがスムーズになり、膣内やクリトリスといった女性器、そしてその周辺の血の巡りが活発化。その結果、女性器が全体的に潤い、感じやすい敏感な状態になります。

また、女性器が潤うことで、不感症だけでなく性交痛(挿入時に生じる痛み)を緩和することもできます。

不感症は幼少期の性的なトラウマ、パートナーとの対人関係、性経験に対する不安など、精神的な要因によって起こることがほとんどです。

そのため、根本的な解決を目指すためには、カウンセリングを受けたり経験回数を重ねて自信をつけたりといったことをして、精神面のケアをする必要があります。

しかし、心のメンテナンスは短期間でできるものではなく、何ヶ月もしくは何年といった長い時間を要します。

「近々パートナーと会う予定があるから、そのときまでに不感症をなんとかしたい」という方には不向きな治療法といえるでしょう。

その点、ラブグラなら問題ありません。

服用してから30分ほどで上記の効果が現れ始めるので、しっかり感じる状態でエッチを楽しむことができます。

まずは半錠で試すことをおすすめ

ラブグラは、有効成分であるシルデナフィルを100mg含有する100mg錠が販売されています。

しかし、日本の成人女性の場合、一般的には100mgも摂取する必要はありません。一般的には50mg、症状の程度によっては50mg未満でも十分な効果を発揮するとされています。

あくまでも「シルデナフィル100mg」というのは、男性がED治療を行うための最高用量であり、女性に推奨するものではありません。

そのため、不感症治療のためにラブグラを服用する際は、100mg錠を半分もしくは1/4にカットすることをおすすめします。

100mg錠をそのまま服用してしまうと効果が強く出過ぎるほか、場合によっては副作用まで強く現れる可能性があります。

少ない用量から試しつつ適宜増量していき、それでもいまいち効果を実感できない場合は医師に指示を仰ぐようにしましょう。